menu

シンガポール・チャイナタウンのお洒落なショップハウスホテル!ザ・スカーレットシンガポールが素敵

シンガポールは様々な民族が暮らしていますが人口の80%を締めるのが中華系の人々。そのためチャイナタウンも非常に活気があります。

そんなチャイナタウンの一角にあるおすすめブティックホテルが、ザ スカーレット シンガポール(The Scarlet Singapore)です。

ザ スカーレット シンガポールは、シンガポールで初めてスモール・ラグジュアリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド加盟ホテルに選ばれています。

Small Luxury Hotels of the World(SLH)とは

スモール・ラグジュアリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド(Small Luxury Hotels of the World™、SLH)は、世界70カ国以上にある500軒を超える独立系の小規模かつ高級なホテルで構成されたホテルブランドです。最先端のデザインホテルから古城ホテルまで、また都心の隠れ家ホテル、プライベートアイランドのリゾート、歴史の香り漂うカントリーハウスなど、それぞれの土地を優雅に楽しむことのできる、世界中の個性豊かなホテルを多彩に取り揃え、極上のご滞在をお届けしています。
*米国富裕層を対象とした Luxury Institute による調査で高級ホテル部門3年連続1位を受賞しました。
(引用:https://www.l-s.jp/slh/)

実際に泊まってみて立地の便利さと、周りのほどよいローカル感、インテリアがとても素敵だったのでご紹介させていただきます!

ロケーションと周辺エリア

ザ スカーレット シンガポールは観光にもグルメにも便利なチャイナタウンの一角にあります。

チャンギ国際空港からホテルまではタクシーで約30分です。

最寄駅はチャイナタウン駅で、駅からからホテルまでは徒歩7〜8分ほどで到着します。

チャイナタウン駅からの道すがらには、レストランやショッピングが楽しめるテンプルストリートやパゴダストリートがあり、スカーレットホテルはアースキン・ストリートの坂道を登りきったところにあります。

ホテル周辺には、シンガポールでも有名なホーカーセンター、マックスウェルフードセンターがあります。しかもホテルを出て徒歩1分!

マックスウェルフードセンターと反対側にはクラブ・ストリートというおしゃれなバーやレストランが並ぶ通りもあります。

夜になるとクラブ・ストリートは欧米系の人が集まり賑やかですが、ホテル内は静かでした。

また、アジアナンバー1の金融街シェントン・ウェイやラッフルズ プレイスへも徒歩圏内です。

外観&ロビー

scarlet-lobby

1924年建造のアール・デコスタイルの建物と1868年建造の13戸のショップハウスをつなげたシンガポールならではの伝統建築を利用した外観になっています。

ロビーは赤や黒を基調としたビビッドな色使いに、大きめなシャンデリアがゴージャスな印象です。

正直、1歩間違うと派手なラブホという大惨事になりかねない色使いですが、品良くまとまっていて高級感があったところにセンスの良さを感じました。

余談ながらソファは1度目訪問時はスカーレット色(赤色)でしたが、2階目は青に変わっていました。

客室

部屋の種類は6タイプあり、室内のインテリアは一部屋一部屋異なります。

  • スタンダード(ダブルベッド、シャワーのみ)
  • デラックス(ダブルベッド、シャワー)窓または天窓
  • エグゼクティブ(ダブル/ツイン、シャワー)
  • エグゼクティブ(ダブル/ツイン、シャワー)バルコニー付き
  • プレミア(ダブル/ツイン)バスタブ付き
  • スイート(ダブルベッド)バスタブはジャグジー機能つき

伝統的なプラナカンの建物を改築しているため同じカテゴリーの部屋の大きさが違うことがあります。

2度ともデラックスルームに泊まりましたが、1度目、2度目で広さがちょっと異なっていました。

1度目は2階で窓はあるもののやや手狭な感じでスーツケースを開くスペースに少し苦労しましたが、2度目の1階は非常に快適でした。

1階は窓がなく天窓になりますが1度目に泊まった2階のデラックスルームよりも広く、天井も高く、天窓から光も入ため閉塞感は全くありませんでした。

窓のあるデラックスルーム希望の場合はチェックイン時空きがあれば対応してもらえるようです。

部屋は掃除が行き届いていて清潔感がありました。

お茶/コーヒー、電気ポット、ペットボトルの水も1泊につき2本サービスされます。ホテル内ではもちろん無料でWIFIが使用できます。

また、些細な点ですがユニバーサルコンセントがあったため、日本の電化製品のコンセントをそのままさすことができたので変換プラグを持っていかずにすみました。(電圧対応しているスマホやPCなどに限ります。)

私が滞在した際にはありませんでしたが、最近現地で使えるスマートフォンも部屋に備え付けられたようです。

現地利用できるスマホがあるとWIFIを借りなくても現地でちょっとした検索やgoogleマップが使用できるので便利ですね。

バスルーム

バスルームはプレミア、スイートはバスタブがあります。スイートはジャグジー機能付き。

それ以外の部屋はシャワーブースのみになります。バスルームのライトも部屋と同じ雰囲気のものが使われていておしゃれでした

こちらも掃除が行き届いていてきれいでした。

アメニティはFlairというプライベートブランドになります。バスローブ、スリッパもありました。

館内の施設

プールはありませんが屋外にこじんまりとしたジャグジーがあります。

屋上にルーフトップバーがあり、チャイナタウンの赤い屋根の続く街並みや近隣の仏牙寺龍華院が見えます。マリーナエリアの大型ホテルが立ち並ぶ迫力ある景色とはまた違った、昔からのシンガポールを感じます。

朝食

実はホテル内の朝食は高かったため(2,000円近くする)外で朝食をとっていました。

スカーレット周辺はホーカーやカヤトーストのお店など、シンガポールの美味しいローカル朝食が安く食べられる場所がたくさんあります。

朝ごはんにおすすめはヤ・クン・カヤトーストのカヤトースト。

カリッと焼かれたパンに厚切りバターとココナッツミルクと卵黄でできたカヤジャムを挟んだシンガポール定番の朝食です。

ホテルの朝食にちょっと飽きたなという時にはぜひ試してみてくださいね!

スタッフの対応

スカーレットのスタッフは総じて若いスタッフが多かったのですが、笑顔で対応も親切です。

たとえばこんなことがありました。

早朝の飛行機で到着し朝の8時頃ホテルに着いたのです。

ダメ元でアーリーチェックインを相談すると、掃除が終わり次第利用できるということで9:30頃には部屋に通してもらいました。

しかも追加料金なしです。

待っている間は近くに朝食を取りに出かけ、戻ると部屋に通してもらえたため、シャッワーを浴びひと休みすることが出来たのでとても素敵な対応でした。

ちょっと気になるポイント・・・

全体的にとてもクオリティが高いホテルですがいくつか気になる点も記載しておきます。

  • 同じカテゴリーでも部屋によって広さが違うため、手狭な部屋になるとスーツケースを広げるのが一苦労なことがある
  • 日中歩き回ると夜ホテルまでの坂道を登るのがしんどいことがある
  • 2人部屋設定(スイートはエキストラベッドを入れられます。)のため子供2人以上の家族旅行の場合には隣り合う部屋にするなど、ホテルに相談したほうがいいでしょう。

まとめ

部屋、スタッフのクオリティも高く、スカーレットホテルがSmall Luxury Hotels of the Worldの厳しい加盟審査に通ったのも納得でした。

欧米のホテル雑誌、ウェブマガジンには以前からよく取り上げられていたザ スカーレット シンガポールですが、日本では最近になってメディアでも紹介されることが多くなってきたので、日本人にはまだまだ知る人ぞ知る隠れ家ホテルの1つのようです。

宿泊価格は2011年が11,500円(税込13,000円)、2012年が15,000円(税込17,550円)と、当時の4つ星ホテルの価格としては妥当な範囲です。

年々シンガポールのホテル価格は高騰傾向にあり、シンガポール全体の価格相場は約18,000円/泊(2016年11月時点)です。

今だと15,000円くらいは予算をみないと納得のいく選択肢は少ないかもしれません。

ホテル価格は空室状況、シーズン、為替や物価の変動で常に変動するため最新情報をチェックしてみて下さいね。

スカーレットシンガポールの詳細へ

シンガポール、チャイナタウンのホテルを検索する

シンガポールのおすすめ記事:

The following two tabs change content below.

Itoh

設計よりも素敵な建築を見る方が好きでこちらの編集部へ来ました。 2級建築士免許保持者ですが今はペーパー建築士です。 海外のホテルインテリアが好きで、デザインホテルから歴史的な建物をリノベーションしたホテル、有名建築家の作品や世界遺産など建築にまつわる記事を中心に担当しています。 みなさんの旅先の発見のヒントになるような、そんな情報を発信していけたらと思っています。

riad-farhan『ホテル』だけじゃない!宿泊施設のタイプを知れば旅はもっと楽しい。

majestic-lobby1度は泊まりたい!ホーチミンのレトロで素敵な老舗コロニアルホテル3選

関連記事

  1. Registan Square

    ウズベキスタンへ!気になる治安と観光おすすめ滞在…

    中央アジアというと旅行先としてはまだそれほど知名度は高くないかもしれません。…

  2. chiang-mai-by_Mariamichel_pixabay

    ノマドの聖地!タイ・チェンマイのおすすめ滞在4エ…

    チェンマイはバンコクに次ぐ第2の都市です。北部の山岳民族の村へのトレッキ…

  3. バンコクは世界の高級ホテルがずらり!おすすめ滞在…

    バンコクは物価が安いイメージがありますよね!食事や交通費などは日本と比べ…

  4. ランソン プレイス ブキット セイロン サービスド レジデンシズ48階ラウンジ

    ブキッビンタンのおすすめホテル ランソン プレイ…

    こんにちは!最近よく子連れで快適なホテルや海外ロングステイ情報を聞かれること…

  5. カサ・バトリョ

    バルセロナ・街歩き観光におすすめの滞在エリアとホ…

    こんにちは!ブルジョアという言葉に思わず反応してしまうお金持ち大好き編集部・…

  6. フィリピンの新名所!オカダマニラは日本人パチンコ…

    マニラはアジアのカジノ王国としてマカオを追い越そうと、テーマパークのよう…

  7. 台湾・台北の観光アクセス便利なおすすめ5つ星・高…

    台湾は日本人にとっては身近で親日、食べ物も美味しく、おしゃれなカフェや観光エ…

  8. 初クアラルンプール!観光に便利な滞在3エリアとお…

    マレーシアはクアラルンプールのような大都市から、ランカウイ島のようにビーチや…

PAGE TOP