menu

初ドイツ!ベルリン観光に便利なおすすめホテル&滞在地区3選

ドイツ最大の都市ベルリンは首都でもあり、ヨーロッパの過去と未来を感じることができる都市でもあります。

ただ意外なことに日本からベルリンへ直行便はなく乗り継ぎでいくことになります。
(ドイツで日本から直行便がある都市はフランクフルト、デュッセルドルフ、ミュンヘン)

ドイツの街の多くは都心部にもたくさんの公園や水路、湖があり広々した感じがするので散策するにもとても気持ちがいいです。

ベルリンも見所が多いので旅行する際にどこを拠点にしたら便利なのか色々悩んで調べますよね。

ホテルの数も多く比較的広範囲にあるので迷う方も多いでしょう。

そこで今回はベルリン観光に便利なおすすめ滞在エリア3カ所と交通アクセスのいいホテルをご紹介したいと思います!

今回ご紹介する交通アクセスの便利なホテルの基準としては以下の3点です。

  • ベルリンの人気スポットやその近辺にある
  • 交通が便利なところ(駅近や観光スポット、空港へのアクセスがいい
  • 宿泊者の口コミ評価がいい

東西ベルリンの中心地!便利なミッテ地区

Brandenburg gate Photo by jensschoeffel(Pixabay)

どこを滞在の拠点にするか迷って決められなかったらミッテ地区にホテルを取るのがいいでしょう!

ミッテ地区はかつて東ベルリン時代の中心で、今もベルリン観光の中心地です。

ベルリンの中心部で、おしゃれなカフェやレストラン、ショッピングモールやブティックなどが立ち並ぶ一番にぎやかなエリアです。

高級なショップから地元密着のリーズナブルなお店もあり集まる人の幅も広いです。

街中には公園もあるので自然も豊かですが、博物館島、テレビ塔、ハッケシェ・へーフェ、ブランデンブルク門など多くの観光スポットも集まっています。

ハッケシェ・へーフェは8棟の中庭つき建物からなるショッピングモールのようなもの。

個性的なショップやギャラリーなどが集まっていて観光客、地元の人にも人気です。

中庭はすべて繋がっているのでちょっとした迷路のようでショッピングしなくても歩くだけでも楽しめますよ!

ミッテ地区は最先端のショップやギャラリーも多いですが、旧東ベルリン時代の面影を残すノスタルジックな街並みや歴史的建造物も点在しています。

さらに各国料理のレストランがあって、値段も比較的リーズナブルなお店が多いです。

ミッテ地区には観光スポットたくさんありますが、ハーケッシャーマルクト駅(Hackescher Markt)からフリードリヒシュトラーセ駅(Friedrichstraße) にかけてもおすすめです。

おしゃれなカフェや最先端のブティックなどが立ち並ぶ人気のショッピングエリアと、ムゼウムスインゼル(美術館島)とよばれる複数のミュージアムが点在するエリアも見所。

またウンターデンリンデンという大通りも散策が楽しいですよ。

さらに東西ベルリンに分かれていた時代には荒れ地だったポツダマープラッツ駅(Potsdamer Platz)も、今では巨大なショッピングモール、モール・オブ・ベルリンが建設され沢山の観光客でにぎわっています。

ミッテ地区は電車内や街のいたるところに警察官が配置され治安は良くなってきているようです。

若者も多いエリアですがノイケルン(Neukoeln)やクロイツベルク(Kreuzberg)などより治安がよく、比較的きれいいです。

ただし観光客が多いためスリも多いエリアになっているのでスマホや財布の扱いには注意が必要です。

例えばこんな場面に出会ったら要注意!

ベルリンでは物乞いが「小銭を恵んでください」と言いながら電車やカフェのなかに入ってくることも多いです。

それに気をとられている間に鞄の外ポケットに入れてあったスマホを盗られたとか、机の上に置いてあった財布を盗まれたという事件が多発しているようです。

ミッテに限らず観光客が多いエリアはスリや置き引きなどに注意して楽しく過ごしてくださいね。

ミッテ地区は観光スポットもショップも多く、リーズナブルなホステルから高級ホテルまで予算に合わせて宿泊先を選ぶのにも便利なエリアです!

ミッテ地区のホテルを最安値価格で探す

立地とコスパがいい!メリア ベルリン Meliá Berlin

メリアはスペイン発祥の国際的なホテルグループです。

メリアベルリンはミッテ地区のシュプレー川沿いに建つ4つ星ホテル

フリードリヒシュトラッセ駅(Friedrichstraß)からすぐのところになります。

フリードリヒシュトラッセ駅は主要観光スポットなど各方面へのアクセスが良く、駅周辺もお店が多くにぎやかで便利。

ミッテ地区も結構広いのですが、ベルリンが初めてならフリードリヒシュトラッセ駅周辺はおすすめです。

テーゲル空港からメリアベルリンまではTXLのバスでベルリン中央駅までいきそこからSバーンに乗り換えてフリードリヒシュトラッセ駅まで行けばすぐ。

タクシーやUberなら空港から約20分ほどです。

シェーネフェルト空港からメリアベルリンならエアポート・エクスプレスの列車(RE7)でフリードリヒシュトラッセ駅まで行けばすぐです。

メリアベルリンのすぐ近くにはシュプレー川クルーズの船乗り場もあります。

フリードリヒシュトラッセ駅構内にもお店が色々と入っていますし、スーパーマーケットも至近距離に複数あります。

客室は奇をてらわずモダンなインテリアで落ち着く感じです

バスタブあるのもポイント高いですね。

ミッテ地区の主要観光スポットのブランデンブルク門も博物館島も徒歩で行けます。

市内移動の交通費はかなりおさえらるで、便利さ優先ならかなりコスパがいいといえます。

街並みが美しいプレンツラウアー・ベルク地区!

Prenzlauer Berg Photo by Oh-Berlincom(flickr.com)

プレンツラウアー・ベルク地区はミッテ地区の東北方向にあります。

歴史を感じる風格ある建物が連なり街並みが美しいです。

かつて東ベルリンだったエリアで統一後は若いアーティストやクリエイターが集まりましたが、今は子供がいるファミリー層も多く住んでいます。

プレンツラウアー・ベルク地区には三ツ星レストランで修行したシェフが営む隠れ家レストランやヴィーガンのアイスクリームショップなどおしゃれなお店が続々とオープンしています。

ヨーロッパという町の雰囲気もさることながら、そこにいる人達も意識の高い洗練された印象でベルリンのトレンドを肌で感じられるエリアと言われています。

またエリア内にあるマウアーパーク(Mauerpark)は通称壁公園と言われ、毎週末に巨大なフリーマーケットが開催されています。

200店舗以上ある露店のなかにはセカンドハンドの洋服店やアクセサリーなどのハンドメイドショップのほか、アンティークのお店も。

雑多に積み上げられたダンボール箱のなかから旧東ドイツのレア物を探すのも楽しみのひとつですね。

素敵なカフェやショップ、緑豊かな公園があって、住宅エリアとしても人気ですが、交通の便もよく観光の滞在拠点としても注目のエリアです。

プレンツラウアー・ベルク地区のホテルを最安値価格で探す

ベルリン西側の中心!シャルロッテンブルク地区

Charlottenburg Photo by Schreib-Engel

シャルロッテンブルクはベルリン動物園駅周辺に広がっています。

ミッテは旧東ベルリンの中心、シャルロッテンブルクは旧西ベルリンの中心で今も西側の中心的なエリアです。

ベルリン動物園駅はターミナル駅で、Sバーン(列車)、Uバーン(地下鉄)が乗り入れ、駅前は路線バスのターミナルとなっています。

テーゲル空港からもX9のバスで約20分ほどです。

ベルリン動物園駅周辺は西ベルリン時代から繁華街だったこともあり駅から徒歩圏内にホテルもたくさんあります。

シャルロッテンブルク地区、ベルリン動物公園駅から南に少し進んだところにこのエリアのメインストリート、クアヒュルステンダム(通称:クーダム)があります。

ストリート沿いにはガレリア・カウフホーフというデパートからハイブランドショップ、レストランなどが軒を連ねています。

道路の両脇には街路樹の緑もあり雰囲気もよく、いつもたくさんの人でにぎわっています。

またクーダム沿いではないですが、老舗デパートとして有名なヴェスデン・デパート(カウフハウス・デス・ヴェステンス(KaDeWe))もあります。

レストランといえばサヴィニープラッツ周辺は各国料理のレストランが多く集まっているのでドイツ料理を休憩したい時にはこのエリアにくるのもおすすめ!

一方、ベルリン動物駅の北西方向にはシャルロッテンブルク宮殿があります。

シャルロッテンブルク宮殿の庭園はとても美しく散歩にもぴったり。

また周辺には石造りや煉瓦造りがおしゃれな高級アパートメントが並ぶエリアもあり、瀟洒なという表現がぴったりきます。

シャルロッテンブルク地区から東側の観光スポットへも地下鉄や列車、トラムなどを使って簡単に移動できるので、おしゃれで落ち着いたエリアに滞在したい人にはおすすめです!

シャルロッテンブルク地区のホテルを最安値価格で探す

夜女性1人で行かない方が良いエリア

コットブッサー・トーア駅周辺

コットブッサー・トーア駅周辺には麻薬中毒者や浮浪者も比較的多く見かけますので、夜とくに女性はなるべくひとりで行かない方が無難です。

一方で、コットブッサー・トーア駅と隣接するクロイツベルク地区は、70年代こそ貧民地区でしたが今やベルリンでももっとも若者に人気の地区の1つ!

ナイトクラブやバーも多くナイトライフを楽しむ人たちで夜もにぎわっています。

移民も多く暮らしている地区なので多国籍な雰囲気や各地域の料理を味わえます。

特にトルコからの移民が多く暮らしているのでケバブ屋さんやトルコ料理店も多いです。

クロイツベルク地区には運河も通っていて、バーやレストランも運河沿いにあるので散歩するのも楽しめるところ。

なのでそういったマルチカルチャーな文化や料理が好きな方には面白いエリアですが、夜の時間帯に1人で歩かないことや暗い路地に入り込まないなど気をつけてくださいね!

編集後記

ベルリンで現在稼働している空港は2つ、テーゲル空港とシェーネフェルト空港であります。

建設中のブランデンブルク空港に統合されるという話もありますが、工事中がずっと延期され今もこの2つの空港が使われています。

  • テーゲル国際空港から市内へのアクセス:地下鉄や鉄道は乗り入れていないため、バスやタクシー利用
    バスならTXL Express BusかExpress Bus X9

X9バスだとSバーン(電車)、Uバーン(地下鉄)が乗り入れているベルリン動物園駅まで約20分です。

なのでシャルロッテンブルク地区へ向かうならベルリン動物駅下車になります。

TXL Express Busならベルリン中央駅まで約40分です。

ベルリン中央駅はミッテ地区にあります。ベルリン中央駅でも他の交通手段(Sバーン、Uバーン、トラム)に乗り換えできます。

  • シェーネフェルト空港から市内へのアクセス:列車、バス、タクシー

エアポート・エクスプレスの電車が30分おきに走っていてベルリン中央駅やベルリン動物園駅、アレクサンダープラッツ駅などに止まります。

個人的にベルリンではありませんがドイツ語圏で電車迷子になった経験から、荷物が多くて地理感がない到着時はタクシーをおすすめしたいところです。

特に3名以上でしたらUberやタクシーを使うのが早くて便利です。

とくに深夜や早朝などは誰かに聞きたくても人がいないこともあるので!

ホテルに荷物を置いて身軽な状態になれば余裕も出てくるので、市内移動にはバス、地下鉄(Uバーン)、列車(Sバーン)、トラムが走っているのでどこに行くにも便利です!

それと、ドイツ各地域では冬の風物詩「クリスマスマーケット」が有名

ベルリンでもいくつか有名なマーケットがあります。

クリスマスマーケットが開催される時期は、世界中から多くの観光客で賑わうため12月の週末はホテルの予約が取りにくくなることも・・・

お目当のホテルや滞在したいエリアがある場合には早めに空室を確認することをおすすめします!

ベルリンのホテルを最安値価格で探す

イタリア・ベネチア本島&離島のおすすめ高級ホテル厳選5選!

関連記事

  1. Auf Schoenburg

    ドイツ・ライン川の古城ホテル ブルク アウフ シ…

    ドイツのロマンチック街道やライン川クルーズは新婚旅行やアニバーサリーのような…

  2. ドイツ・ミュンヘン観光におすすめな滞在エリアとホ…

    ミュンヘンはドイツ南部あるベルリン、ハンブルクに次いでドイツでは3番目に…

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP